読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love the life you live

趣味と日常の記憶、記録

【PV】MORE THAN A ROADSTAR BMW R1200R(short version)

BMW MotorradさんがR1200RのCMを作ったら・・・ということで作ってみましたよ。

Adobe Premiere Proも導入し、今持てる編集スキルを注ぎ込みました。

ので、編集に拘り、時間が掛かったため、アイデアはオリジナルのオマージュ(パクリともいう)となっています。

何をどう、パクったのか(オマージュしてるのか)お楽しみくださいませ。

えっと、削除されるかもしれませんので、視聴される場合にはお早めにwww

youtu.be

 

【編集後記】

我が家のMacくんは2009年モデルのLateなので、メモリを8GBに、ディスクをSSD化してみたものの、焼け石に水でAdobe Premiere Proを動かすのは心もとないですね(とはいえ、SSD化はかなり効きますね。Macbook proに浮気しようと思ったのですが、まあ、我慢できる程度に応答が向上したのでしばらくがんばります。とはいえ、グラフィック能力は明らかにクソですな)

 

GoPro設定を解像度を1080pにしてみたものの、fpsを30に落としたので、明らかにカクカクしてますね。

今度はさらなる編集技術を磨き、Macくんのスペックを上げて、再挑戦したいですね。

Adobe Premiere Proを導入したと言ってもお試し期間です。でもその能力というか懐の深さに触れて、まぢで購入するかもしれません。でもでも、今までiMovieでシコシコ作っていたのですが、iMovieもこれはこれで使い勝手がよくていいですよ。併用するのがいいかもしれませんねー。

いちお、「short version」としましたので、暇を見つけて「Long version」も作成したいと思ってます。

 

ところで、今回の動画。

オリジナルをパクりまくった問題作なのですが、パクりといえば、先日のオリンピックエンブレム騒動。

ブログに書くまいと思っていたのですが、やっぱり書かせてください。

かのデザイナーの◯野さん、いろいろ出てきてしまったので、オリンピックエンブレムも限りなくクロに近いグレーなのですが、個人的に今回の一連の騒動で思ったのは、当初の日本の反応として、「なに!?パクったの?」っていうのが、いかにも日本人的でダッセーなと思いました。

なにが言いたいかというと、当初、ベルギーのデザイナーからケチがつけられた段階で、なんで誰も「てめえ、このやろう。なにがパクっただ。おめえのほうがパクったんだろうがっ馬鹿野郎!!??」(コトバ、汚くてサーセン)って言わなかったんだろう!?と思うのです。

 

いや、ベルギーのデザイナーの方が先発であることは間違いところではあるのでしょうが、

「オリンピックって国を上げてのイベントなんでしょ?」「日本の国威を世界に見せつけたいんでしょ?!」

ならば、ケチをつけられたら、同じ日本人であるデザイナーを擁護するのが、普通の自国民の反応ではないのでしょうか?

で、その後、いろいろ疑惑が出てきた段階で、「ああ、やっぱりパクってたの?なんだよ、擁護したのに、恩を仇で返されたわ〜」っていう流れがフツーなんじゃないかなと。

なのに、はじめっから疑惑の目を向けていたのはなんなんだろう?

これがお隣の国だったら、国をあげて、絶対に、パクリなんて否定すると思うんですが、どうだろう?!

いや、まあ、お隣の国は認識しているにもかかわらず、開き直ってるところがあるので一色たんに語ることはもちろんできないわけですが、でも、少なくとも、自分の国が一番とか、自国民は讃えたいっていう無条件な、無垢な感情は、日本人は見習ってもいいんじゃないかなと思ったりするのです。

確かに不正があったらそりゃ悪いけど、でも一連の騒動を見ていると、「不正を正す、暴く」という免罪符をもって、結局、人を陥れることが目的なんじゃないの?と思ったりするのです。

一概には言えないけれど、この国って成功者をやっかむというか、粗探しをする、変な、独特の文化というか、雰囲気があるんじゃないかな。確かに人の不幸は蜜の味という言葉があるけど、そんな楽しいことなのかな。僕はこういってはなんなんですが、自分が生きることで一生懸命なので、人の弱みとか興味ないというか関心ないんですよね。

 

加えて、「パクり」って変な話、賞賛されるパクリも中にはなるのではないかとも思えるのです。というのは、◯野さんのデザインはよくよく話を聞いてみると、いろいろと転用できる、展開できるところに魅力があったと組織委員が語るように、仮に着想にパクりがあったとしても、オリジナルを超えたパクりなわけで、そこは褒められるべきところがあるんじゃなかろうかと(んまあ、そういう転用性もパクってるかもしれませんけどね)。

かの国がパクり商品だなんだと非難するのは、もちろんオリジナルを盗用していることもそうなのですが、僕はオリジナルよりも貧相で、オリジナルの価値を徒らに下げしめることがもっとも非難されるべきなのではないかと思うのです。

 

といって、自分を棚に上げて「パクり」を擁護しても、あるいは賞賛してもいません。やっぱりやってはいけないよね。でも、笑えるものなら笑って許してくださいと言いたい。オリジナルの価値を傷つけるということになったらごめんなさい。