読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love the life you live

趣味と日常の記憶、記録

大型二輪免許取得への道 その8

とうとうというか、あっという間にこの日が来ました、みきわめの日。

2つある検定コースをそれぞれ走るのですが、コースを走る前に課題の確認です。今日もキャンセル待ちで乗車して、コースには大型ワタクシひとり、中型ひとり・・・。思う存分、走れました。

朝っぱらだからという言い訳で、一本橋8秒、スラローム7秒強、波状路4秒・・・おいおい。

気を取り直して、課題を周回。徐々にカラダもあったまってきて?、いずれの課題も基準タイムをクリア。ちょっと困ったのは、波状路のやり方。これ、指導員によってやり方の説明がまちまち。これまでは、9本ある突起を乗り上げる前に、アクセルプラス半クラ調整でドンドンドンってリズミカルにと教わっていたのに、今日の指導員は、アクセルは開けたまま、半クラで調整しろとか。結果、ウウウンウーーンと一本橋的な走りに。たしかにこっちのほうがタイム的には楽。早くいいやがれ。てか、アクセルあおれって言われるんだけど、半クラの調整だけで渡れんじゃね?

どのように課題をクリアするか、その過程も重要なんだと思うけど、もはやどう検定に合格するかというと、結果が伴えばいいんだろうから、指導員も四の五の言わないほうがいいんではないでしょうか。年取ってくると、アドバイスを言われても頭で理解しないとカラダが動かないし、やっぱり失敗してみてカラダが理解するというのがあるんですよね。

 

教習で納得いかないのは、バンクさせるのをタブーとしていること。いやあのね、大型なんだからいいんじゃないの?と思うのですが、ハンドルを切って曲がることを強要されるんですよね。

今さらながらいろいろ指摘を受けて、悶々と教習を受けたんですが、結果的にみきわめ良をもらって、検定に進みます。うーむ、嬉しいような、まだまだって思うような。やっぱりスラロームが納得できなくて、タイムは出てるけど、カッチョわるいんだよね。大型なんだからビジュアルもこだわりたいんですよね。と言ってる輩が一番、検定で失敗するんですよね。

検定、通過儀礼と思って無難にこなしたいと思います。ただ、一発勝負なんでスロースターターのワタクシとしては一抹の不安が。朝一でタイム出せるかなあ。

教習終わってから検定が行われていたので見学してました。皆さん、さすがに大型とあって上手いんですけど、課題は無難にこなしてましたね。これが中型だと、威勢良くスラロームをやってパイロンひっかけるという猛者がいるんですけどね。

 

みきわめをもらったご褒美ではないですけど、チョコ一個確保しました。んが、来月のお返しが怖いですね。

f:id:shangye-liao:20150214212220j:plain

f:id:shangye-liao:20150214212230j:plain

f:id:shangye-liao:20150214212238j:plain